住宅取得にかかる税金

住宅を購入して取得する時には様々な税金が必要です。住宅取得に必要な諸費用となるので、事前に調べて知っておきましょう。

住宅取得の際に国に納税する国税は、土地の登録に必要な登録免許税と印紙税です。登録免許税は、土地の所有権の登記や、家屋の所有権保存登記、住宅ローンの抵当権の設定登記などの申請をする際に必要な税金です。印紙税は売買契約書や工事請負契約書、住宅ローンの契約書などにかかる税金で、金額によって税額が異なります。

また、都道府県に納める不動産取得税も必要です。不動産取得税で重要なのが軽減措置。軽減措置を受けられれば課税されない場合もあるので、適応条件に当てはまっている場合は申告書の提出を忘れないようにしましょう。その他、消費税の課税対象の項目については消費税がかかります。どのように住宅を取得するかにもよりますが、一般的には土地には消費税がかからず、家屋にだけ消費税がかかるというイメージです。消費税もローンに組み込める場合が多いですが、数百万単位で消費税がかかることは覚えておきましょう。家屋の代金だけでなく、不動産業者に支払う媒介手数料や各種手数料など相手が課税業者の取引で生じる代金は、消費税の課税対象となります。

Copyright © 一戸建て住宅購入にかかる費用について, All rights reserved.