購入にかかる手数料

住宅取得の際には、様々な手数料が必要です。土地や建物の代金とは他にかかってくる費用なので、あらかじめ把握しておくことが大切です。住宅取得の際に必要な手数料の代表的なものが媒介手数料です。不動産会社に支払う手数料のことですが、新築物件を購入する際は、不要になるケースが多いです。建売物件や、中古物件など売り主との間に不動産会社が入る場合には媒介手数料が必要になります。契約時と決済時の2回に分けて支払うのが一般的です。

その他、登記申請手続きを司法書士に代行してもらう場合、司法書士報酬として10万円前後の手数料が必要になります。登録免許税と併せると、不動産取得を登記するためには、まとまった費用が必要になるということになります。また、登記をするために必要な建物の測量費用として、土地家屋調査士または測量士にも報酬を支払わなければなりません。費用は、物件によって異なりますが10万円前後です。また、手付金や申し込み金が必要なケースも多いので、契約前に必ず確認しておきましょう。手付金や申込金は決済時には住宅代金に充てられますが、住宅取得の際準備しておかなければならない費用なので頭に入れておいてください。

Copyright © 一戸建て住宅購入にかかる費用について, All rights reserved.