ローンに伴う費用

住宅ローンを借りる時には、金利以外にも手数料などの諸費用がかかります。ローンを受ける金融機関によって金額が異なりますが、住宅ローンの借り入れに伴って発生する諸費用は全て合わせるとある程度大きな金額になるので、念頭に置く必要があります。

まず、住宅ローンを借りるために保証会社を利用する場合は、保証料が必要です。保証料は一括前払いや一部前払いで支払う場合もあれば、ローンの返済に上乗せされる場合もあります。保証料の支払いについての詳細は金融機関にきちんと確認しておきましょう。また、契約時には保証会社への事務手数料や金融機関への融資手数料などが必要です。3万円程度の手数料になる場合が多いですが、金融機関によっては手数料が数十万円と高額に設定されていることもあります。

申し込み時に金融機関に提出する納税証明書や課税証明書も、取得には費用が必要です。さらに、多くの人が利用しているフラット35は、申し込みの際に適合証明書が必要です。検査費用も含めて手数料が4~8万円程度かかります。その他、住宅ローン用の生命保険「団体信用生命保険」や、火災保険や地震保険の保険料、住宅ローン返済支援保険料などの保険料も必要です。住宅ローンを申し込むときには様々な費用が必要だということを知っておきましょう。

Copyright © 一戸建て住宅購入にかかる費用について, All rights reserved.