その他必要な諸費用

一戸建て住宅を取得する時には様々な税金や手数料が必要です。住宅取得に伴って色々な手続きを進めていく中で、突然まとまったお金が必要になり、焦ってしまう人も少なくありません。急な出費に困らないためにも、細かい諸費用まで把握しておきましょう。

登録免許税は軽減措置を受けることができますが、軽減を受けるためには住宅用家屋証明書が必要で、取得には費用がかかります。その他、登記申請をする時や、住宅ローンの申し込みに必要な住民票や印鑑証明書も取得するのに費用が必要です。実印を持っていない場合は、実印作成にも費用が掛かります。諸費用を指定口座に振り込む場合は振り込み手数料もかさむでしょう。

固定資産税や都市計画税、町内会費などの諸費用が日割り精算で必要になったり、水道加入金や各種一時金が必要になったり、予想していなかった出費が次から次へと発生することも少なくありません。当然のことながら、引っ越し費用や家具、家電の新調費用なども必要になります。特に新築一戸建て住宅には照明器具やカーテン、エアコンなどがついていないので、初期費用がかさみます。一戸建て住宅を取得する前には、全体的なお金の流れと必要な費用についてきちんと知っておき、無理のない資金計画を立てることが大切です。

Copyright © 一戸建て住宅購入にかかる費用について, All rights reserved.