住宅を贈与された場合

一戸建て住宅を取得する人全員が、自分で購入するというわけではありません。親や親戚に、贈与という形で一戸建て住宅を取得する人も当然います。贈与を受けて住宅を取得した場合には、取得時に必要な様々な税金に加えて贈与税がかかります。せっかく贈与してもらった住宅でも、多額の税金が必要な場合は支払うことができないということもあるでしょう。贈与による住宅取得の予定がある人は、贈与税の基本ポイントを抑えておきましょう。

贈与税とは国に納める税金の一つです。相続税評価額が110万円を超える土地や建物を、贈与によって取得した場合、納税する義務があります。贈与税は、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までに税務署へ申告し、納付します。ただし、相続時精算課税制度を利用すれば、相続評価額が2500万円までの住宅であれば、贈与税を支払わず相続が発生したときに、他の相続財産とあわせて計算することができます。贈与税を支払う余裕がない場合には便利な制度ですが、贈与時の評価額で相続税を支払わなければならないという点が要注意です。贈与時には評価額が高く、相続時には低くなっていることも十分にあり得るので、相続税の負担を考えると、先に贈与税を払っていた方が良いという場合もあります。

Copyright © 一戸建て住宅購入にかかる費用について, All rights reserved.